毎日を踏み台にして、どうぞ

ただの自己満。されど自己満。

向日葵の咲かない夏

残業のおともで買ったのに、

 

展開が気になって3日くらいで読んでしまっ

 

た。

 

騙されに騙され、

 

当たり前だと思った前提が覆されて、

 

登場人物全員怪しみながら読んでたのに、

 

全く怪しんでなかったやつが

 

そもそもの元凶で。

 

めちゃくちゃおもしろかったなぁ。

 

なんか誰しもが自分の物語の中を

 

生きているっていうのが、

 

人生を上手く生きれていない人の悩み

 

みたいな共通点のように思えて

 

なるほどなぁって。

 

虫が喋るって非現実な展開に、

 

これどうやって落としどころつけるん?

 

ちゃんと読者を納得たらしめる落とし所に

 

なってるん?

 

って穿った目で見てたらちゃんと

 

着地させられました。

 

現実の3歳ってこんな日本語堪能だっけ?

 

って思ってたらまんまと回収されまして。

 

割と自分で作ってる物語とか

 

思い込みがシンプルなことを

 

歪ませてることって現実でもよくあるなって

 

思って、

 

おれは思い込みだったり、

 

ちょっとした相手の仕草とか表情で

 

なんとなく気持ちを察したり、

 

なんかそれも実は一種の自己防衛なんかなぁ

 

とか思ったり。

 

自分の思い込みに縋ってたい気持ちも

 

分かるなぁってなりつつ、

 

そこに甘んじちゃってる後ろめたさ

 

みたいなのも分かりつつ。

 

簡単だよってスパッと外の世界に

 

飛び出せちゃう主人公を羨ましくも思ったり。

 

飛び出したいって思ってる自分がいながら、

 

コンフォートゾーンにい続けたいって

 

思っている自分もいてっていう矛盾な感情。

 

矛盾のせめぎ合いとか葛藤を

 

最近の自分に感じていることもあって、

 

なんだかいつのまにか自分も狂ってるのかな

 

なんて。

塞翁が馬

1日に起きた出来事に対して自分がどう思ったか、なんでそう思ったか。自分の立場とか周りに迷惑かけるとかはひとまず考えないで、そういう自分の感情にもっと目を向けてみては?そんなことを言われちゃいましてねー。こうして1日終わって振り返るわけだけど、今日も仕事が性格的に向いてなくてひたすらいやだーここから早く飛び出したいなーな1日でした。とか、こんなのできたよーって人に見せたら喜んでもらえて嬉しくて、なんで嬉しかったのかっていうとやっぱり助けられそうというか少しは自分が周りの役に立ってるのかなっていうのが喜んでる表情から感じられたからなのかな。とかこういう具合なんかな。喜怒哀楽は伝えられるけど、なんでの部分の言語化が今までへたっぴだったのかなぁ。なんでの深掘りですかねぇ。それとこんなんで生きてきましたから、もしかすると単純に自分だけのことになると集中できない、続かないのがあなたなのかもですねぇーですって。はえー、よくもあり悪くもありな感じよね。でも言われてみるとすっごい分かるというかそれっぽいこと感じた経験あるなぁって。人が喜んで食べてくれるなら料理も食器洗うのもあんまり苦じゃないけど、自分だけだととことんやらないってのも典型なのかなぁ。ひとの家の食器洗いとかあんま苦じゃないんよなぁ。けどじぶん家の食器洗いって地獄みたいにだるい。これって普通?人並み?人の身体は心配するくせに、自分の身体には無頓着なとことか。どうやらおざなりにしがちにあるらしい。確かに他人の人生を生きるつもりはないし、周りが動機でモチベーション揺さぶられることが多いかもだけど、なんか周りがいてこその自分じゃないかなぁと。自分じゃない誰かがいてはじめて自分と他人を区別できるわけで、人からもらえるやる気って結構力強くねって思ったり。おれから他人に与えられるやる気もあるわけで、たぶん。なんかここまで生きてきたら他人の動機が自分の動機になることなんか割とあるよなって。それが本心でなのか、自己犠牲でなのかっていうところなんでしょうねぇ。とりあえず桜が咲くくらいにあったかくなったんで、またジジイウォーキング始めましょ。公園とかによくある植物の説明書きの看板?最近見つけたら全部見るようになっちゃって。だーれもいない公園でひとりで「はえー」とか言って。ソメイヨシノのソメイって東京の駒込の昔の地名の染井が由来だそうでジジイ。

2リットルの水を赤子のように抱く

キャリアのキャの字も知らん、

 

蚊帳の外だった自分が、

 

キャリアコーチングなるものに

 

申し込んでみた。

 

エージェントとは違って求人を紹介する

 

サービスじゃなくて、

 

自分のキャリアを整理するというか

 

自分について理解を深める

 

とかいうサービスらしく。

 

自己理解とかいうもんらしいっすわ。

 

自分のいまの仕事の延長線上で

 

向いてそうな仕事がこの世の中に

 

あるのかとか、

 

そもそも自分に向いてる仕事って

 

なんなんってこととか、

 

そもそも自分は今まで何にやりがいを

 

感じていて、

 

何がしんどくて、

 

何が得意なのかとか、

 

小さいときには何に興味があって、

 

家族からどういう影響を受けてきたのかとか。

 

そういう今までの自分の生き方について

 

見つめなおしたり、

 

理解を深めるってのがメインって感じで。

 

そういったのひっくるめて、

 

じゃあこの先5年、10年そのあとと、

 

こういう仕事をして、

 

こういうふうに生きていきたいよねって

 

いうのを決めていくというね。

 

今のこととか、

 

これまでのこととか本音で話してみて、

 

やっぱり自分の頭の中だけで

 

考えるのとは違って、

 

おれの長年の考え方の癖だったり、

 

思ってもみなかったこととかに

 

色々と気づいてくださりまして。

 

なんか今のおれは「こうあるべき」みたいな

 

正解を求めがちなのと、

 

数字に意識を囚われがちになってるのだとか。

 

はえーって言われてみりゃそうやって

 

思わず頷き。

 

たしかに今やってることって

 

ほぼほぼ自分で勉強して、

 

自分の中で物差し図ってるような感じだから、

 

周りを知りたい、

 

今みたいな仕事を次もするには

 

どういう最低基準があるのかってのは

 

知りたいと思ってて。

 

でも実際は入る会社によって

 

基準なんてバラバラだし、

 

必ずしも数字にできるものだけが

 

成果じゃないよねっていう。

 

はえーってなったよね。

 

たしかに数字じゃないところを

 

うまく伝えられたらいいよねぇ。

 

っていうのが入り口で、

 

これから約2か月間、

 

こういう問答みたいなことを

 

繰り返していきますって。

 

これから実家に住んでたときの家族構成とか、

 

家族の性格とか、

 

これまでのライフイベントを

 

根掘り葉掘りさらけ出していくことに

 

なりまして。

 

かっちゃんかっちゃんって

 

呼ばれてた時代のことを

 

思い出す時がくるとはぁ、、笑

 

そんなこと今までやったことなかったけど、

 

そんなことまでやってでも

 

やっぱり次行くとこはちゃんと考えたい。

 

不安だけど楽しみのような。

 

自分を変えるっていうと身構えちゃうけど、

 

自分をより自分に近づけるというか。

 

そんな感じかなぁ。

 

将来設計だってさ。

 

がらにもないけど、

 

やったりますか。

 

HAPPYの借り物の力で構わないって

 

歌詞がジジイの身に沁みてきますわね。

酒辛肉鮪

 

shueisha.online

 

金属バット集英社で連載もやってたの

 

知らんかった。

 

おれたぶん友保のツッコミとか発言が

 

ツボなんかなぁ。

 

外食行ったらテーブルにおもちゃ並べてた

 

のくだりでめっちゃ笑ってもうた。

 

こういう文字だけってのもいいよね。

 

はい、ということでね。

 

またまた地に足ついてませんでした。

 

また自分で気づかずにあれもこれもと

 

手を出しそうになってました、

 

というか手を出してました。

 

そもそも先のこと考えられる人間じゃないって

 

ことにハッと気づかされましたわ。

 

そうそうそう。

 

先を見据えて動くなんてできないんよ。

 

なんかずっと、

 

何かしなきゃどうにかしないとって

 

頭で焦ってるだけで、

 

なんか自分の大事な部分をちゃんと

 

考えないまま、

 

すぐ出る結果を求めていただけ

 

だったんかなぁって感じたり。

 

もうなんでしょう、

 

一人で動くとロクなことにならんなぁ。笑

 

誰かに介護してもらわないと

 

ロクに自分の人生歩めないクソジジイに

 

成り下がったなぁ。笑

 

言われてハッとすること、

 

話して気持ちが楽になることって

 

ありがたいなぁと。

 

一人でできることってホントに

 

たかが知れてんなぁって

 

ひしひしと実感しております。

 

なんか前からも、

 

なんで自分は人に「ありがとう」って

 

なかなか素直に言えないんだろうなぁって

 

いうコンプレックスみたいなもんを

 

感じてたことがあったけど、

 

今はわりとありがとうって言おうって

 

タイミングでちゃんと口に出せてる気がする。

 

もっとな、

 

自分の気持ちも合わせて言えたらいいけど

 

なぁって思うけど、

 

少しずつ。

 

自分の将来のために何かを身につけようって

 

するんじゃなくて、

 

今のおんなじチームの人に還元できるように

 

何か身につけようってしてみよかな。

 

今の目の前の仕事のために恩返しっていうと

 

烏滸がましいけど、

 

形でなにかできることを残してから、

 

次の仕事探しをしてみましょ。

 

もう今の会社をどうにかしよう

 

なんか思いませんから、

 

せめて同じチームの人にいい形で

 

何かやってみましょ。

 

だから、

 

副業やってるバイトも求人見るのも

 

一旦ストップ。

 

進んでる選考も一旦ストップ。

 

勉強のためにアプリとか課金するのも

 

一旦ストップ。

 

まずは3ヵ月くらいは目の前のことに

 

時間をかけてみましょ。

 

気づいたらこのブログも

 

仕事のことばっかや、

 

つまらんなぁ。

 

サウナも最近行けてなかったし、

 

人と会うことしてなかったし、

 

そういうことがしっかり大事だってさ。

 

うまい飯とか興味あることにも

 

たまにはお金使お。

 

明日からまた頑張りましょ。

謝々

いまってユーチューブでなんでも知りたいこと

 

知れて便利な世の中。

 

だらだら転職活動しはじめて、

 

これまで入ってきた会社が全部失敗って

 

わけじゃないけど、

 

なんかたぶん下手くそなんだろうなぁと

 

思ってたら、

 

自分の軸が何かを考えることが大事なんですって

 

いう動画をたまたま見つけまして。

 

 

すっごい今までのこと振り返ったり、

 

考えたりしたんだけど、

 

軸ねーなー。

 

 

軸刺しては引っこ抜いて、

 

また刺してをずっとやってませんかって。

 

軸どころか穴だらけや。

 

ワークライフバランス的なのは

 

そんなに重要視してないし、

 

かといって仕事だらけはそれはそれで嫌だし。

 

まあ人並みというか。

 

軸ないのがおれの軸なのかとも思ったり。

 

どうしても譲れないものって何なんですかね。

 

変なところフットワーク軽かったり、

 

逆に人がラクに思うことがしんどかったりするし、

 

自分でも自分を言語化できないのに、

 

軸なんてあったもんじゃないよ。

 

そこを何とかするのが

 

社会人なんでしょうけどねぇ。

 

なんか振り返ってみると

 

ずっとすごろく降ってるような感覚だよね。

 

新しい場所を求めて、

 

やったことない仕事を求めて、

 

何かひとつが育つ前に別のことに興味持って。

 

1が出るか6が出るか振った後じゃないと

 

分からないような。

 

そんな雰囲気とノリでのそのそ歩いてきた

 

ような気がしますね。

 

今度は雰囲気だけで進まないように

 

すればええってことなのかな、

 

これは。

 

6じゃなくても4とか5が出るように

 

内側に重しをつけるようにすればいいんかな。

 

飲食、販売、マーケティング、業務改善と

 

どれもこれも全く違うことをやってきたようで

 

共通点みたいなのはあるような気がして。

 

広く浅くつまんできたことがなにか1つのことを

 

続けてきたに勝てそうな気がして。

 

また新しいことに手を出すか、

 

これまでやってきた中の1つを伸ばすか。

 

て考えると会社に振り回された経験も

 

だいぶ前向きに捉えられるなぁって。

 

気づいたら毎日見慣れた商品に

 

おんなじような彫刻して、

 

繰り返して、

 

この会社でしか役に立たない作業に慣れたりして。

 

でもいろんな部署たらい回されたけど、

 

どこでもこうしたらよさそう、

 

ああしたらよさそうっていうのは

 

考えて実際カタチにしてきた1年な気がする。

 

誰かに言われてじゃなくやれたってのが

 

良かった気がする。

 

ずっとマーケティングの部署にいて

 

マーケティングの業務しかしらないってよりも、

 

コロコロ1人でいろんな部署の仕事を知れたことは

 

結果的に自分で動いてよかったじゃんって。

 

よくやったやんって褒めたいよね。

 

割と受け身な気もしてたけど、

 

なんだかんだ主観で動けてたんかな。

 

なんかこうやって書いてたら

 

少しは自分を言語化できそうかな。

 

これをちゃんと口で伝えれたらいいね。

 

今度はぜひとも記号化されたこの部屋から

 

旅立っていきたいですねぇ。