えぇ、はい。

ええ、ただの自己満。

未来永劫

明日、再び退職の意思を伝えることになりました。

 

なんで、あんだけ緊張してやったことをもう1回やんないと

 

いけねぇんだよ!

 

上長に伝えると言っておきながら、

 

伝えないままおれより先に退職しやがったおれの上司。

 

おれが先に辞めたら自分が辞めにくくなると思って

 

そそくさ転職先を決めて、

 

辞めたんだろうな。

 

もう後半のほうは退職できることで頭が

 

いっぱいだったんだろうな。

 

おかげで何もわからないまま店長業務を

 

請け負う羽目に。

 

入社した時から1年8ヶ月ずっとお世話に

 

なっていた上司で、

 

仲良くさせてもらっていたのに、

 

信用していたのに。

 

おれは最後の最後にいいように使われたんだなぁと。

 

まあでも結局誰しもが自分のことが1番かわいいから。

 

しょうがないことだったんだよね。

 

でもおれもこのままだと非常に癪なので、

 

おれも元上司をいいように使ってやろうと思います。

 

昨日たまたま他のお店の店長と別事業をしている

 

スタッフさんと飲むことになって、

 

せっかくだから予行練習だと思って辞めることを

 

ばらしちゃいました。

 

他の店って言っても会社の人間だし、

 

一応副店長っていう立場だから引き止められるかな

 

と思ってたけど、

 

むしろ応援してくれてめちゃくちゃ嬉しかったなぁ。

 

ちゃんと話すの2回くらいの人なのに

 

『1回だけでも一緒に働きたかったなぁ。』

 

って言ってくれて、

 

おれもこの人と働いてみたいなって揺らぐくらいに

 

いい人だった。

 

そんで

 

『一級和裁技能士になるなら着付けも完璧にできるようになれよ』

 

っていうアドバイスまでくれて。

 

おれ以上に着物が好きな人でおれじゃ到底及ばない

 

くらいに知識がたくさんあって、

 

この会社で初めて尊敬できる人を見つけたような、

 

そんな気がしました。

 

根がネガティブだからやる前にあれこれ考え込んで、

 

否定されることを前提に物事を考えちゃうんですよねぇ。

 

でも一級和裁技能士になることをこれまで伝えた人から

 

は1人たりとも

 

『やめといた方がいい』

 

って言われなかった。

 

もうこれがおれにとってはほんとに奇跡ですね。

 

意外と言っちゃえばすんなり賛同してくれるんだなって。

 

これで明日タイミングがなかったとか言って逃げたら、

 

ほんとに口だけになっちゃうな。

 

もう嫌なことは今年中にやろ。

 

11月の初めから望んでた年末がやっときた。

 

やっと行動が起こせる。

 

ほんとはこのタイミングで既に上長と話し合って、

 

退職を決定させておきたかったんだけど、

 

しょうがないですよねぇ。

 

もう

 

『絶対に2月末に辞めてやろう。

 

でもおれが今辞めたら店に社員がいなくなるしなぁ。』

 

って毎日うだうだ思うことも明日限りで終わりにしたい。

 

もうこうやってブログを吐け口にでもしてないと

 

やってられない精神状態や。笑

 

仕事を手放すって簡単にできる人にはなんでもないこと

 

なんだろうけど、

 

24年間大した決断も努力も辛抱もしてこなかった

 

優柔不断人間にとってはとてつもない壁や。笑

 

転職したら安定して給料もらえるんだろうし、

 

会社から守ってもらえるだろうし、

 

家とか車とかそういうのも買いやすいんだろうなぁ。

 

結婚とか子供を産むことも考えながら働いていけるんだろう。

 

6、7年おれがニートしてる間に同年代とは明らかに

 

いろんなところで差が出てくるんだろうな。

 

それでも退路を断ち切ろうね。

 

腹を括りましょう。

 

1人じゃ何もできない自分をどうかよろしくお願いします。笑