えぇ、はい。

ええ、ただの自己満。

篝火

店長になって、

 

店長職を経験してから辞めるのでも

 

遅くないと思ってたけど、

 

予定よりも早く辞めることになりそう。

 

 

 

 

 

明日、

 

会社に辞表の意を伝えようと思います。

 

いやぁ、

 

言えるかなぁ。。

 

緊迫すんなぁ。。

 

来年の4月から社会人のレールから外れてみよ

 

うと思います。

 

もう2つに1つ。

 

このまま順調な出世コースを選ぶか、

 

もう普通の社会人には戻れないニートの道を選

 

ぶか。

 

たぶん、

 

おれは後ろ盾があると何もやらなくなる。

 

今もそう。

 

上司がいるから、

 

周りのパートさんがいるから、

 

会社があるから、

 

守られてるから何もしなくなる。

 

追い込まれないとやらない。

 

子供の時からずっとそう。

 

夏休みの宿題だって毎日コツコツやれば

 

自分がラクになるって分かってるはずなのに

 

それができない。

 

ありとあらゆる期限をギリギリで間に合わせる

 

か、

 

破ってきた。

 

仕事でミスしても、

 

やることやらなくても、

 

責任が自分に降ってこないから

 

本気でやろうとしない。

 

こんなもんでいいかって落ち着く。

 

すげー美化していってるけど、

 

要はクズです。

 

どうしようもないクズです、

 

本当に。

 

うまく軌道に乗れるか、

 

堕落した何にもなりきれない正真正銘のクズに

 

なるか。

 

うん、

 

半年間悩みましたねぇ。

 

自問自答の繰り返し。

 

この1ヶ月、

 

自分の考えだけだとなかなか踏み出せずだった

 

ので、

 

意見をもらおうといろんな人に話してみまし

 

た。

 

そしたら、

 

話した全ての人が賛同してくれました。

 

それが本当にありがたいと思いました。

 

おれの人生は恵まれてるって本気で思いまし

 

た。

 

というか自分に関わってくれる周りの人に恵ま

 

れてると思いました。

 

このタイミングで辞めようと思えたことも、

 

やりたいと思えることが見つかったことも、

 

こういう考え方ができたのも、

 

今まで関わってくれた人の言ってくれたことが

 

繋がって今に至ってると実感してます。

 

東洋大学国際地域学部に入らなかったら、

 

地域活性化のゼミに入らなかったら、

 

大学3年の夏休みに加計呂麻に行かなかった

 

ら、

 

今の会社に入社しなかったら、

 

4日前に友達がおれと一緒に飲みに行ってくれ

 

なかったら、

 

来年本格的に行こうとしてる学校の人たちが

 

良い人じゃなかったら、

 

意見を聞くために手紙を送らなかったら、

 

話した全ての人たちの後押しがなかったら、

 

決心つかなかった。

 

これで本当にどうしようもないフリーターに

 

成り下がったら、

 

後押ししてくれた人みんなに申し訳が立たない

 

な。

 

そうならない為にも、

 

正社員になれない、

 

再就職できないかもしれない覚悟を決めて、

 

一級和裁士を目指すために、

 

明日辞表を伝えてきます。