えぇ、はい。

ええ、ただの自己満。

着物を着たいと思っている20代へ

着物って着てみたいとは思うけど、

 

どう買えばいいのか、

 

どんな時に着ていけるのか、

 

どうやって着ればいいのか、

 

分からないことってたくさんあると思います。

 

そして、

 

着物は高い。

 

そこがお金のない20代にとっては手の出しにく

 

い趣味になっているかと思います。

 

着物って響きはすごくいいんですが、

 

実際着物を着てみたいと思っても行動に移

 

せる人は少ない。

 

今は浅草とか鎌倉に行けばレンタル着物っ

 

てのがあるので、

 

リーズナブルでいてそれで事足りるので余計

 

に高価な着物には手を出しにくくなっていま

 

す。

 

まあそれで十分な人はそれで十分なんですが、

 

デザインから自分で選んで仕立てまで全てオー

 

ダーメイドでちゃんとした着物を1着作ってみ

 

たいと思っている人がいたら、

 

レンタル着物だけでは満足できないはずです。

 

けど1人で呉服屋に行くのは勇気のいることだ

 

と思うし、

 

振袖決めで何枚も着物を着せられた人なら余計

 

に行くのには勇気がいることだと思います。

 

そもそも知識がないと何が何だかさっぱり分か

 

らないことが着物にはたくさんあります。

 

じゃあどうやって着物の知識を得るのかという

 

と、

 

それは呉服屋に行くしかない。

 

ってことになります。

 

初めての人が着物を買いに行ったら、

 

知識がない上にただでさえ少ない自分の懐から

 

大金をはたく可能性があるわけです。

 

だから1人で呉服屋に行くのは気がひけるんです。

 

でも着物はぜひ着て頂きたい。

 

かっこいいから。

 

『いつか友達の結婚式で着物を着てみたい』

 

とか

 

『初詣で着物を着てみたい』

 

とか理由はなんでもいいです。

 

少しでも着物を着てみたいと思っている人が

 

いたら、

 

迷わず着物を仕立ててほしい。

 

ほしい。

 

ほしいんですが、

 

仕立てる前に知っておいてほしい現実があります。

 

それは着物業界のことです。

 

それがこれです。

 

www.somesho.com

 

着物業界は全体的に生き急いでいます。

 

自分の呉服屋が潰れるか生き残るかの瀬戸

 

際を這いつくばっているのが現在の着物業

 

界です。

 

だから上記のページにも書かれているような

 

ことがこれから着物を買いに行く人にも降りか

 

かってくるかもしれないんです。

 

着付教室と謳った販売会に出くわしたり、

 

興味もないのに腕を引っ張られて欲しくも

 

ない着物を買わされたり、

 

支払い能力がないのにローンを組み立てら

 

れるということが自分の身に降りかかる可能

 

性がある。

 

という現実があるということをまず知っても

 

らう。

 

それが着物をこれから着てみたいと思っている

 

人にとって1番大事かなと感じます。

 

もちろんこういった悪質なやり方をしない、

 

優しく本当に親身になってくれる呉服屋さん

 

もたくさんあります。

 

本来、

 

呉服屋はそうあるべきなんですが。

 

呉服屋選びを間違えると一生着物が嫌いに

 

なってしまうなんてことになり兼ねません。

 

自分はまだ1年しか携わっていない業界ですが、

 

そういった経験をされた人を何人も見てきま

 

した。

 

これから先も見ていくことになると思います。

 

が、

 

しょうもない自己満で書いたこの文章を見て

 

くれた人には同じ二の舞を踏んでほしくあり

 

ません。

 

ので、

 

呉服屋選びは慎重に。

 

今や一等地にあるない関係ありません。

 

どこでも起こりうることなので、

 

慎重に選んでほしいです。

 

だから着物の知識の前に着物業界のことを

 

知っておいてほしいと切実に感じます。

 

これを知っているか知っていないかで

 

着物を喜んで作ってもらえる幅は大きく

 

広がります。

 

自分は売上が先行してしまうような販売員

 

にはなりたくないし、

 

なっちゃダメだと思ってます。

 

浴衣すら着たことがなかった、

 

着物の『き』の字も知らなかった

 

自分がこれだけ魅力を感じた文化

 

なので、

 

絶対他の20代にも魅力を感じても

 

らえる文化だと思います。

 

だから着物を買ってください。笑

 

 

 

はい、疲れた。