えぇ、はい。

ええ、ただの自己満。

着物論

ふわふわと生きてきたツケが回ってきたのをじ

 

わじわと感じますよねー最近。

 

こう、いつでも目の前のことより、ずっと後の

 

ことをぼんやりと悩んではもがいての繰り返し

 

で。

 

言葉にするとめちゃくちゃ薄っぺらくなります

 

けども、それでいていざ言葉にすると何も考え

 

てないと言われたり、もはや言葉にしようとし

 

ても伝わらなかったり。

 

何が言いたいのか自分でもさっぱりわからんけ

 

れども。

 

この1年着物を着てきて、着物に携わってき

 

て、この業界の良いとこと悪いとこの入口

 

が見えてきた感がどうやらあるんですね。

 

この業界だけじゃないかもだけど、結局理想を

 

何十年も語ってきただけで、実際現実にできて

 

ないのが今のこの国の現状であって、負のスパ

 

イラルが渦巻いてるよ。

 

不動産だったら『快適な暮らしを提案して、住

 

む人を幸せにしたい。』

 

飲食だったら『この料理で喜ぶ人を増やした

 

い。』

 

とか。

 

まあ、そういった理想はどこでも、誰でも持ち

 

合わせてはいるんだよねぇ。

 

それをトップが思ってたとしても、その下で働

 

いている一員の誰か一人でも、その環境のせい

 

で思えなくなっているとしたら、果たしてその

 

理想はいつ叶うんでしょうか。

 

風船を縛りつけてる輪ゴムみたいに膨らんでて

 

も、一度空気を閉じ込めたらあとはしぼむま

 

で。

 

上が理想としていることを一員の誰かが輪ゴム

 

として身内を縛る。画鋲で刺さない限り、それ

 

が割れることはなく。

 

そんなことが着物業界ではなおさら起こってま

 

す。

 

供給側と需要側のせいで。

 

着物着姿を増やすには、今イメージとされてい

 

る40代〜60代といった主婦層、定年層が着るも

 

のっていう観念を変えないといけないのと、着

 

物を着る場面を積極的に増やしていかないとい

 

けない。

 

と思います。

 

もうお店で売れば着姿が増えるっていう時代は

 

終わってるんですねぇ。

 

和服が当たり前だった生活が、洋服が当たり前

 

の生活になってるし、着物を着る機会なんか成

 

人式の振袖くらい。

 

男なんか下手すりゃ一生着ない。

 

田舎に行けば、袴着て成人式に出るのは小中や

 

んちゃだった奴くらい。

 

それでいて、着物は買うのにお金がかかる。

 

『そんな1日の為になんでこんなに金払わなき

 

ゃいけないの?』

 

っていう。

 

フォーマルで着るっていうイメージばかりで、

 

敷居が高いっていう誤解が生まれてる。

 

着物意識が薄れている日本人が唯一着るとした

 

ら、夏の浴衣。

 

浴衣は手が出せるけど、着物は高いから手が出

 

せない。

 

でも浴衣って元々は風呂に入るときに着てた服

 

ですからね?

 

それが、風呂から出た後の服として着られるよ

 

うになって、次第に外で着るものになっていっ

 

たんですよ。

 

というからしいよ。

 

その時代におれ生きてないから詳しいこと知ら

 

んけど。笑

 

言っちゃえば、お祭りでパジャマ着てデートし

 

てるようなもんですよ。

 

実は浴衣って。

 

入浴の衣服なんですよ。

 

まあ、もうそれは文化としてあるから別に良い

 

し、女性の浴衣姿とか最高です。

 

ただ、このままいくと着物は無くなっていく。

 

今、着物に興味がある人ですら自分で着られな

 

い人が7割いるとのこと。

 

戦後から販売されてきた着物は45兆円にもなる

 

らしく、そのうちの30〜40兆円が日本中

 

のタンスの肥やしになってるんですって。

 

兆円だよ!?

 

すごくないですか、このお金が無駄になりかけ

 

 てる感。

 

そして今や着物の洗い方がわからない人がほと

 

んど。

 

ほんとにこうなるに至ったのには、挙げればき

 

りがないほどの業界の事柄があるんです。

 

これを全て解決していくにはまた何十年とかか

 

るんだろうなぁ。

 

ただ着物着姿を増やしていくには着物のイメー

 

ジを払拭するのと、着ていく場面を増やすこ

 

と、これだけでもお店で売る以上にやっていか

 

ないといけないってこの1年で思っ

 

たわけです。

 

本当に着物着姿を増やしたいなら、着物を売る

 

前に誰かの目に着物を着ている姿が映らないと

 

いけないんです。

 

そんでもって見た人がそれをかっこいいと思っ

 

てくれなければダメなんです。

 

スタバにコーヒー飲みにいくだけでも良いんで

 

す。

 

ひとり居酒屋するときだけでも良いんです。

 

図書館に行くだけでも良いんです。

 

美術館とか歌舞伎を観に行くときだけだと、お

 

しゃれ感よりも金かかる感じと敷居が高い感が

 

出ちゃう。

 

ちょっと彼氏彼女と旅行するときだけでも良

 

い。

 

とにかくいつでも良い。

 

 

5000円くらいで洗える着物も売ってます。

 

1万くらいで全然正絹の着物も買えます。

 

電車に一人着物を着ている人がいるだけで、そ

 

の人に対して一瞬でも目がいく。

 

いつまでも着る機会を待ってたらダメなんで

 

す。

 

だからこそ自分は率先垂範していかないといけ

 

ない。

 

と思ってます。