えぇ、はい。

ええ、ただの自己満。

非現実の王国で

世の中甘くない。

 

甘くないのは分かったからさ、

 

もうちょっと甘くなってくれないかな。

 

やりたくないことはいくらでも降りかかってく

 

るのに、

 

どうしてやりたいことはそう簡単にやらせてく

 

れない現実なんでしょ。

 

意識したいこと、

 

やりたいことはたくさんあるのに、

 

それが多過ぎて意識が続かない。

 

やりたいことは無意識に薄れていく。

 

薄れていくとまた別にやりたいことが増えてい

 

く。

 

そんでまた薄れての繰り返しで結局何もやれな

 

いまま人生をループ。

 

そんなに願わないとできないもんなんか。

 

そんなに血の滲むようなことしないとできない

 

もんなんでしょうか。

 

なんともなー。

 

もどかしいことばっかだな。

 

人は基本怠け者だからさ、

 

何かを変えようと思って始めたこともしばらく

 

すればそれがだんだん嫌になっていく。

 

めんどくさくなっていく。

 

その度に

 

『あぁ、またか。。』

 

と何回思ったことか。

 

そんなんでいいのか。

 

いい訳ないか。

 

たぶん変えようと思ってる時点では何も変わら

 

ないんでしょうね。

 

大体、

 

変わったことに気付くのって

 

『あ、そういえば』

 

って思う時だし。

 

現にこの自己満の文章を書き続けてる習慣がで

 

きちゃってるのも今になって気付いたし。

 

『ブログを習慣化させるぞ!』

 

って意気込んで始めてたらたぶん続かなかった

 

でしょうね。

 

ブログって言うのもあんま好きじゃないし。

 

別に続けさせようって気持ちはこれっぽっちも

 

なかったけど。

 

まあなんか書きたいと思った時にてきとーに書

 

けばいいやと思ってやってたらそれがたまたま

 

続いちゃったってだけの話で。

 

でも1年前の自分の生活から見たら明らかに変

 

わってるってことなんですよね。

 

なにもしてないところに

 

『何か書く』

 

って習慣ができちゃったんだから。

 

これが鍵なんだと思うんですよねー。

 

まあてきとーにやってみて、

 

気付いたらこうなってましたーってのが1番ラ

 

クーな変え方かもしれませんねー。

 

だからそこに苦痛とかしんどいが入ってくると

 

ダメなんだろな。

 

ノルマとか評価とか入ってくると。

 

ストレスもダメ。

 

うん、

 

たぶん他人が入ってくるとダメですね。

 

やっぱりてきとーがイチバン。

 

でも目標みたいなのが先行することってあるじ

 

ゃないですか。

 

大会で1位になるとか、

 

来年までに100万貯めるとか。

 

そういうのもてきとーにやってて、

 

気付いたら達成してましたみたいなことになら

 

ないかな。

 

でも目標があるとめんどくさいな。

 

目標がなかったからこの自己満が続いてるわけ

 

だし。

 

えー、

 

なんか何が言いたいのかわかんかなってきた

 

な。

 

うん、

 

なんかどーでもいいや。

毘沙門亀甲

これで3回目の成人式の前撮り。

 

3年前に成人式を迎えた自分が今度は

 

成人式の手伝いをしてるっていうなん

 

とも不思議な感覚。

 

男は当日スーツ着るだけなのに、

 

女子は大変だな。

 

前撮りっていうイベントがある。

 

普段着慣れていないもんだから、

 

途中でお腹が苦しくなって吐いちゃう人

 

もいる。

 

いやぁ、

 

大変だなと思うわけです。

 

おれは絶対できないわ。

 

それでも携われて嬉しいこともあります。

 

『着させてもらった振袖を娘が本当に喜ん

 

でて、

 

色々コーディネートしてくれて本当に良かっ

 

たです。

 

ありがとうございました。』

 

なんて言われちゃったら嬉しいですよね。

 

おれからしたら、

 

『いやいや、娘さんが自分で選んだんだけ

 

どもねぇ。。』

 

って思うことなんだけど、

 

まあ嬉しいですよね。

 

こっちはただどっちの色が好きかを聞いて

 

いっただけで、

 

最終的に娘さん本人が自分で自分をコーディ

 

ネートしただけなのに、

 

それをさぞ自分がコーディネートしてくれた

 

と錯覚して喜んでもらえるとはなんとも得な

 

仕事である。

 

正直、

 

自分は色のセンス皆無で、

 

自信がないから振袖を見に来られるとその瞬

 

間は

 

『うわぁ。。是非とも来ないで頂きたい。。

 

そのまま通り過ぎるんだ。』

 

って思ってしまう、

 

すいません。笑

 

でもやっぱり喜んでもらえると嬉しい。

 

振袖は振袖が決まった時じゃなくて、

 

前撮りが無事に終わった時に喜んでもらえる

 

のが1番嬉しいですね。

 

あと1つ前撮りの時に嬉しかったことがある

 

んだけど、

 

それは嬉しい半分悲しい半分みたいなこと。

 

全然成人式とは関係ないんだけどお客さんが

 

黒留袖のクリーニングを持って着た時。

 

黒留袖ってのは結婚式にお母さんが着る黒い

 

やつっすね。

 

それは自分が留袖を畳んでる時に、

 

夫婦かな?

 

旦那さんの方が

 

『すごく綺麗に畳むんですねぇ。

 

おれ何もわからないから着物触れない。』

 

って言いまして。

 

『えっ。。。何が???』

 

って思わず口に出しそうになりました。

 

奥さんの方も

 

『私も着物畳めないから、

 

なるべく着物は出したくない。笑』

 

って言ってて。

 

そうか、

 

自分にとっては着物を畳むってめちゃくちゃ

 

単純なことでも普通の人からしたらすごいこ

 

とになってしまうんだなと。

 

畳み方を褒めてくれて嬉しかった反面、

 

着物すら今じゃ畳めない人がほとんどなんだ

 

なと少し残念に感じまして。

 

こんなことすら着物を着られない理由になっ

 

てしまうのかと。

 

『着物を着ないから、畳めない』

 

のと

 

『畳めないから、着物を着られない』

 

のとではかなり深刻さが違う。

 

前者が0点だとしたら後者はマイナス100点満点。

 

『わたし洋服畳めないから、普段裸なんです。。』

 

なんて人います?

 

『洋服畳めないから、行きつけのカフェには

 

いつも裸で行ってます。』

 

なんて人いませんよね。

 

そんな公然猥褻の塊みたいな人、

 

今の時代いないはずです。

 

でもこうやって洋服に例えたらやばいですよね。

 

もしこの世に着物しかなかったら、

 

『畳めないから、着物を着られない』

 

っていう理由は=裸で外出=公然猥褻=逮捕

 

なわけです。

 

現実にはありえないけど、

 

このくらい着物の問題は深刻なわけです。

 

だからマイナス100点なんです。

 

着物を着られないのは犯罪です。

着物を着たいと思っている20代へ

着物って着てみたいとは思うけど、

 

どう買えばいいのか、

 

どんな時に着ていけるのか、

 

どうやって着ればいいのか、

 

分からないことってたくさんあると思います。

 

そして、

 

着物は高い。

 

そこがお金のない20代にとっては手の出しにく

 

い趣味になっているかと思います。

 

着物って響きはすごくいいんですが、

 

実際着物を着てみたいと思っても行動に移

 

せる人は少ない。

 

今は浅草とか鎌倉に行けばレンタル着物っ

 

てのがあるので、

 

リーズナブルでいてそれで事足りるので余計

 

に高価な着物には手を出しにくくなっていま

 

す。

 

まあそれで十分な人はそれで十分なんですが、

 

デザインから自分で選んで仕立てまで全てオー

 

ダーメイドでちゃんとした着物を1着作ってみ

 

たいと思っている人がいたら、

 

レンタル着物だけでは満足できないはずです。

 

けど1人で呉服屋に行くのは勇気のいることだ

 

と思うし、

 

振袖決めで何枚も着物を着せられた人なら余計

 

に行くのには勇気がいることだと思います。

 

そもそも知識がないと何が何だかさっぱり分か

 

らないことが着物にはたくさんあります。

 

じゃあどうやって着物の知識を得るのかという

 

と、

 

それは呉服屋に行くしかない。

 

ってことになります。

 

初めての人が着物を買いに行ったら、

 

知識がない上にただでさえ少ない自分の懐から

 

大金をはたく可能性があるわけです。

 

だから1人で呉服屋に行くのは気がひけるんです。

 

でも着物はぜひ着て頂きたい。

 

かっこいいから。

 

『いつか友達の結婚式で着物を着てみたい』

 

とか

 

『初詣で着物を着てみたい』

 

とか理由はなんでもいいです。

 

少しでも着物を着てみたいと思っている人が

 

いたら、

 

迷わず着物を仕立ててほしい。

 

ほしい。

 

ほしいんですが、

 

仕立てる前に知っておいてほしい現実があります。

 

それは着物業界のことです。

 

それがこれです。

 

www.somesho.com

 

着物業界は全体的に生き急いでいます。

 

自分の呉服屋が潰れるか生き残るかの瀬戸

 

際を這いつくばっているのが現在の着物業

 

界です。

 

だから上記のページにも書かれているような

 

ことがこれから着物を買いに行く人にも降りか

 

かってくるかもしれないんです。

 

着付教室と謳った販売会に出くわしたり、

 

興味もないのに腕を引っ張られて欲しくも

 

ない着物を買わされたり、

 

支払い能力がないのにローンを組み立てら

 

れるということが自分の身に降りかかる可能

 

性がある。

 

という現実があるということをまず知っても

 

らう。

 

それが着物をこれから着てみたいと思っている

 

人にとって1番大事かなと感じます。

 

もちろんこういった悪質なやり方をしない、

 

優しく本当に親身になってくれる呉服屋さん

 

もたくさんあります。

 

本来、

 

呉服屋はそうあるべきなんですが。

 

呉服屋選びを間違えると一生着物が嫌いに

 

なってしまうなんてことになり兼ねません。

 

自分はまだ1年しか携わっていない業界ですが、

 

そういった経験をされた人を何人も見てきま

 

した。

 

これから先も見ていくことになると思います。

 

が、

 

しょうもない自己満で書いたこの文章を見て

 

くれた人には同じ二の舞を踏んでほしくあり

 

ません。

 

ので、

 

呉服屋選びは慎重に。

 

今や一等地にあるない関係ありません。

 

どこでも起こりうることなので、

 

慎重に選んでほしいです。

 

だから着物の知識の前に着物業界のことを

 

知っておいてほしいと切実に感じます。

 

これを知っているか知っていないかで

 

着物を喜んで作ってもらえる幅は大きく

 

広がります。

 

自分は売上が先行してしまうような販売員

 

にはなりたくないし、

 

なっちゃダメだと思ってます。

 

浴衣すら着たことがなかった、

 

着物の『き』の字も知らなかった

 

自分がこれだけ魅力を感じた文化

 

なので、

 

絶対他の20代にも魅力を感じても

 

らえる文化だと思います。

 

だから着物を買ってください。笑

 

 

 

はい、疲れた。

 

 

ヌーベルプヴォワール

やー、短い。

 

暇な1日は短い。

 

明日のことを考えるのが鬱陶しい。

 

自分が鬱陶しくなる。

 

暇を埋めるには予定をねじ込まないと

 

いけないことを学びました。

 

予定をねじ込むには予定を作らないと

 

いけないことを学びました。

 

そして予定を作るにはお金が必要だということ、

 

学びました。笑

 

ずっと金の話ばっかしてるな。

 

でもお金なんですよねぇ。

 

いかに現代人はお金に依存してるか思い知ったよ

 

ねぇ。

 

金持ちになりたい訳ではないけど、

 

ただの紙切れじゃないってのを実感。

 

金銭的な余裕って精神的な余裕にも繋がるんだと

 

思いました。

 

お金持ってる芸能人とかがテレビで、

 

自分の金持ち自慢を澄ました顔で言ってるのを見

 

ると腹立ってたけど。

 

特に金持ちと結婚した妻が自宅紹介するみたいな

 

のはクソ腹立つ。

 

『この家建てたの、あんたの金じゃないけどね。』

 

と思ったり、

 

腹が立ちます。

 

そんで大体スムージー飲んでるから。

 

あと1回10万の美容サロン、

 

週1で通ってます。

 

まさに偏屈の極みですよね。

 

この偏屈はもう諦めてます。

 

治りません。

 

でもお金ってその人の立ち振る舞いに見事

 

影響するんだなと身をもって学びました。

 

お金持ちは明日どうやってお金を工面しよう

 

かなんて考えないし、

 

する必要がない。

 

お金があるから。

 

けど現金がなくなると明日以降の生活を真剣

 

に考えるようになる。

 

おれなんか自業自得というか、

 

家族の借金を抱えてる人とか負債を肩代わり

 

してる人に比べればとてつもなく生ぬるいも

 

んだけど。

 

現金ってものすごい効力あるから。

 

1000円札1枚だけでも財布の中にあるだけで、

 

すごく安心感がある。

 

クレジットカードでは絶対に得られない安心感。

 

なんていうんでしょうね。

 

自分の目の前で支払いが済まされてるって認識

 

できるのがアレなんですかね。

 

クレジットカードだとその場では支払いが済んだ

 

ことになってるけど、

 

翌月まで支払いを待たないといけない。

 

『来月はいくら引き落とされるから、

 

今月はいくらまでで抑えておこう』

 

とかそういう一手間の考えが生活に余裕をなく

 

して、

 

焦りを生む。

 

これがエスカレートしていくと大変。

 

クレジットを使って現金を生み出すなんてこと

 

絶対にしないように。

XING THE RUBICON

ローンには気をつけよう。

 

毎月無理なく払えるという手段を覚えると

 

大変なことになります。

 

おかげで大変です。笑

 

身を以てして感じた。

 

仕事で必要なものを自腹を切って買う。

 

これもう分かんねえなぁ。。

 

便利は人をダメにする。

 

ていうかそれでダメになる自分がダメだね。笑

 

本当に誰かに自分の生活を管理してほしい。

 

少し茶々入れてくれる存在が。

 

まあ実体験できたから、

 

まあいいよね。

 

今度はこうしようっていう目処が立つ。

 

けどおれは目処が立ってもまた同じことを

 

繰り返すだろうな。笑

 

反省って大事。

 

こういう後悔を生きてるうちにあと何回す

 

るだろか。

 

そんなこと考えるとつまんないね。

 

1人でいるとつまらないことを考えてしまう

 

ので嫌です。

 

悩む時間も1人だと増える。

 

かと言って1人は楽でいい。

 

何事も良いことと悪いこと両方があるって

 

ことですねぇ。

 

全然関係ないけど、

 

最近思うことは自分に自信があったらなん

 

でも大丈夫なんじゃないかなと。

 

自分に自信を持つことが1番の解決策かと。

 

けど

 

『自信を持て。』

 

と言われて持てるもんじゃない。

 

おれだけか知らないけど、

 

これまでに何回

 

『大丈夫だよ、もっと自信持て。』

 

と言われたことか。

 

そんなことを言われてその場で自信を

 

持てたことなんか1回もない。

 

その度に

 

『じゃあ自信の持ち方を教えて?』

 

と内心思ったり。笑

 

どうやら自分は他人から褒められても

 

自信に繋がらないことが最近になって

 

ようやく分かり、

 

1000万売り上げても自信には繋がらな

 

かった。

 

自信の持ち方が分からなくて、

 

自信の持ち方を調べたことがある人って

 

いますかね?笑

 

調べると大体

 

『小さな成功体験を積み重ねる。』

 

とか

 

『堂々している自分をイメージする。』

 

とかそんなしょーもないと思うことが書い

 

てある。

 

実際やってみても何にもならなかったよね。

 

結局大体の人は分かってるようで分かって

 

ないことを口にしてるだけで、

 

それに一喜一憂してたら時間を無駄にする。

 

 

 

 

ねぇ。

 

4月終わるの早いなぁ。

換骨奪胎

か、かっこえぇ。

 

morie-tokyo.com

 

www.fukusa.com

 

ほとんどが自分で蒔いた種を刈り取っているけれど、

 

水をやっていかないとダメなんでしょう。。

 

着物はなくなりはしないかもしれないけど、

 

文化は衰退していく。

 

はず。

 

このままでは。

 

運動不足に浸かったメタボな父親。

 

一人娘のことを愛してやまない。

 

そんな業界。

波動

『自分の好きなところで好きな仕事ができ、

 

それを喜んでいる人がいる事を知ることがで

 

きる。最高の幸せだよ。』

 

なんていい言葉なんでしょうね。

 

一緒に話してる時は訛りなのか、

 

早口なのか、

 

独自の言語を生み出してるのか、

 

まったく聞き取れないんだけど、

 

なんかいい言葉。

 

自分が考えてることって口に出さないと伝

 

わらないって言うけど、

 

そんなことないよね。

 

文字が形として目に見えて伝わることもあり

 

ますよね。

 

むしろ話されるより、

 

文字になってる方が

 

『なるほど』

 

ってなることの方が多いような。

 

話されてもすぐ忘れちゃうし。

 

多分自分の場合、

 

反応が薄いから

 

『あ、こいつ聞いてないな。』

 

と思われてしまう方が多いよね。

 

まあ大方聞いてないんだけど。

 

こうスラスラ話されるとおれの鈍い脳がつ

 

いていかないというか、

 

気づいたら

 

『あ、もうそんなとこまで話進んでる?』

 

ってなってる。

 

ちゃんと人の話聞けよ。

 

人と話すの苦手です。

 

人の話聞くの苦手です。

 

別にぼけっとしてるわけじゃないと思うん

 

だけどねぇ、

 

何を頭の中で考えてるんですかねぇ、

 

いつも。

 

なんか気づいたら

 

『結局なんだっけ?』

 

ってのが自分の場合多い。笑

 

ほんと自分の好きなようにしたらいいさね。

 

社会はそれを許さないけど、

 

それでもなお好きなようにしたらいいよね。

 

そんでもってそれを喜んでもらえたらいいよね。

 

それが仕事になってたらなおのこといいよね。

 

周りはうるさいけど、

 

自分が良ければそれでいいと思うんです、

 

ほんとに。

 

なんの目的もないけど留学したい、

 

いいよね。

 

入社1日で辞職、

 

いいよね。

 

とりあえずは3年働いてみろと言われてる中、

 

1年で仕事辞めるのも、

 

またいいよね。

 

3ヶ月で別れたとか付き合ったうちに入らな

 

いよぉとか言われるけど、

 

別にいいよね。

 

自分が良ければ。

 

別に出会い系で知り合った人とワンチャンで

 

終わってもいいし、

 

仕事したくないから大学院に進学するとかす

 

ごくいいと思いますよ。

 

えぇ。

 

当人を思って心配するのは分かるけど、

 

誰にも引き止める資格なんてないと思うんで

 

すよ。

 

多分、

 

人の生き方に安定とかないから。

 

まだ23年しか生きてないですけど。

 

おれは必ず仕事で結果出す人とか、

 

自分にはできないことができる人を見た時って

 

すげーとは思うけど、

 

尊敬は多分してないと思う。

 

尊敬ってのがよく分かってないけど、

 

自分のやりたいようにやってる人は尊敬すると

 

思う。

 

だからこの言葉を書いてくれた人からはほんと

 

に影響を受けまくってる、

 

はず。笑

 

ほんとに尊敬する腹出しおじいちゃんです。笑

 

おれも着物屋にいつまでもいることはさらさら

 

考えてないけど、

 

せっかく着物に触れられたんだから、

 

なんかそういう文化で手に職つけたいですよね。

 

ゆくゆくは。

 

というか海外行きたい。

 

死ぬまでに1回日本から出てみたい。

 

海外経験タイだけとか嫌だわぁ。

 

ヨーロッパとか1度でいいから行きたい。

 

『思いは言葉に。』

 

とかこのブログ本体作ってるとこがすごい良さ

 

げなこと言ってるんですよね。

 

ただ、それだけ。

 

 

 

改めて、

 

思ってることを口に出せない自分が思ってるこ

 

とを吐き出すためだけに始めた、

 

ただただつらつら綴った自己満です。